包茎治療の術後の痛みが消えるまでの期間

術後にある痛みはどのようなものか

包茎治療をした時には誰もが痛みを感じる事がありますが、その痛みがどの程度のものかは人によって感じ方が異なります。術後から時間が経過し痛みも徐々に和らぎ、ほぼ感じなくなっていたとしても何かのきっかけで神経痛のように再発する事があります。包茎治療の術後で痛みがあるときは、鎮痛剤などを服用すれば痛みが和らぎますが服用の量に気をつける事が大切です。この時に処方される鎮痛剤は胃に負担をかける事があるので、クリニックでも痛い時に痛み止めをできる限り使わないように勧められます。痛みが消えるときは鎮痛剤を服用したときですが、その期間は治療をして時間が経過した時でもきっかけがあれば再発する事があります。痛みは1週間ほどでなくなりますが、個人差があったり主観的なものでもあるので、伝わりにくいケースが見られます。どのような時に痛みが出てくるのかを明確にし、生活に支障をきたす場合はクリニックで相談する必要があります。

日常生活に支障がある時の対処方法

包茎は思春期を過ぎた時点でまだ亀頭が露出していない状態で、幼少期から成長するに従って自然と捲れ上がるのが通常の状態です。しかしその過程で度合いが小さかったり、包皮の入り口が小さい傾向にあれば、成人しても露出しないということになります。基本的に早期で対策をとる事が大切で、国内でも60%の男性が仮性包茎であるとされており、包茎治療を積極的に行なっている人は少ないです。治療後も痛い事があり勇気が出ずに、なかなか包茎治療ができないとく傾向もあります。表面的に見えるものではないですが、包皮の内面にはたくさんの細菌が繁殖しているため痛みが消える事がないです。包茎治療による痛みの期間は1週間とされており、次第に消えていきますが個人差があるため痛い状態がさらに継続する人もいます。包皮や亀頭の間には湿気のある分泌物などが溜まりやすい環境があるので、さらに包茎治療を行なった後に痛みが続く事があります。

まとめ

包茎治療を行うときは通常の整形手術に似ていることもあり、痛い状態も継続する事があります。しかしその痛い状態は1週間くらいで和らいでいくため、日常生活に支障をきたすことは少ないと言えます。また痛みが1週間以上継続する場合は、他に何らかの問題がある可能性も高いのでクリニックで再診してもらう必要があります。痛みが消えるまでの期間は、比較的個人差がありますが目安よりも長引くケースもあるため、医師の指示に従うことになります。