包茎治療の手術中は意外と痛みを感じない?!

包茎治療では手術中は全く痛みは感じません

包茎治療では、ペニスの余分な皮を切除する手術を行うのが一般的です。手術をすると当然出血なども伴うので、痛みなどが心配だという人も少なくないです。しかし、包茎治療の手術中はまったくといっていいほど痛みはありません。なぜなら麻酔を使っているからです。麻酔は全身ではなくペニス周辺だけに効く局所麻酔を使用しますが、そのおかげでほぼ痛みは感じないでしょう。局所麻酔ですから、手術中に意識がなくなってしまうこともありません。医師などと会話をしたりもできるでしょう。また手術をしている様を見ることも不可能ではないですが、出血などをしていますから、あまり見ない方がいいです。包茎治療の手術は、だいたい1時間程度で終わってしまう簡単なものです。痛いことは全然ありませんから、そんなに怖がらずに安心して受けることができます。術後もしばらくは麻酔が効き続けており、家に帰るときも痛みは感じないで済みます。

痛いのは手術の後の数日間

包茎治療では手術中はまったく痛いことはありませんが、大変なのが術後の数日間です。クリニックでの包茎治療手術が終わり、帰宅してしばらくすると麻酔が切れてきますが、そうなると患部がズキズキと痛み始めてきます。包茎治療クリニックでは、手術後に痛み止めの薬なども処方されることが多いので、痛いときはそれを飲むといいですが、薬の飲んだからといっても完全に痛みがなくなるわけではなく、やはりズキズキと傷口は痛みます。傷が痛い時は、とにかく安静にしながら、テレビやゲームなどでもして気分を紛らわせて耐えるしかありません。手術後3日間くらいがおそらく一番苦しい時です。1週間程度経つとだいぶ傷も癒えてきて楽になってきますし、2週間くらい経てばほとんど痛みはなくなってしまうはずです。ちなみに、包茎治療をした跡は自慰行為などはしてはいけません。傷口が広がってしまう可能性があります。もっとも痛みでそんなことをしようという気力も湧かないでしょう。

まとめ

包茎治療の手術では局所麻酔を使いますから、痛みはまったくといっていいほど感じません。手術は入院などの必要もなく、1時間程度で完了する簡単なものです。しかし、手術が終わり麻酔が切れてくると、徐々に痛みが出てくることは避けられません。手術後1週間程度は痛みを覚悟する必要があります。ただ、通常はそんなに激しい痛みというわけではなく、手術を受けた翌日から仕事や学校に普通に通っている人もいたりします。とはいっても、できれば術後3日くらいは安静にしておいた方がいいです。